できてしまったシミに美白化粧品はどこまで期待できるか

夏の紫外線の強い時期に、油断して日の当たる場所を出歩いてしまったことがありました。そうしたら秋になった今、やっぱりでました、シミ。頬の数ヶ所に1ミリ~2ミリ位のぼんやりとシミが目立つ様になってきました。

紫外線って怖いですね、その時すぐにシミができるのではなく、忘れた頃に出てきて後悔することになりました。そこで「できてしまったシミ」に効く美白化粧品というのを試してみました。

まず、「ハイドロキノン」という成分が含まれているものですが、漂白効果があるそうです。肌を漂白するというと副作用が怖く感じますが、ハイドロキノンというのは2%~4%ならば安全性に問題はないとされています。私が購入したアイクリームに含まれているハイドロキノンは2.5%とのことで、まずは安心です。

美白効果のあるアイクリームを使用して2週間になりますが、シミの内側が確かに白っぽくなってきています。まだ輪郭が残っているので確かにシミなのですが、これ位になるとファンデだけでカバーできて、コンシーラーは必要ありません。毎日少しずつですが薄くなってきているので、朝自然光の下で鏡を見てチェックする習慣がついています。シミだけではなく、顔全体のトーンが明るめになってきているので、効果は出ています。

もしこのシミが無事に消えれば、これからはシミができる前にしっかりと予防しようと思います。UVケアの帽子を被っていたのですが、地面からの照り返しまでは手が回りませんでした。秋になって外出する機会も増えますので、今からもう二度と余計なシミを作らない様にケアしていきます。